こんにちは、ナビゲーターのいづみです。
だんだんと秋が深まってきましたね。さて今日は、10月30日から6日間、東京ビッグサイトで開催されていましたJIMTOFのお話をしたいと思います。私は2日間見学しました。今回、工作機械では大型ワーク対応の工作機械が多く展示されており、その大きさに驚きました。また、無人化長時間加工を可能とする同時5軸加工のアプリケーションも目をひきました。前回の新斬Mailでもご紹介しましたファナックの6軸多関節ロボットM−2000iAも展示されていましたが、実際あれほど大きなものだとは思っていなかったので大変驚きました。機械加工周辺機器では、生産性向上を実現させるための刃物やツーリングがたくさん展示されていました。今日はその中から少しだけご紹介させていただきます。
  

INDEX

【特集】サンドビック

チタン合金加工用ロングエッジカッター コロミル690

【1】大昭和精機

同期誤差補正機構搭載シンクロタッパ メガシンクロタッパ

【2】大昭和精機

アルミ用高速鏡面仕上加工用カッタ パールミラーカット 

【3】住友電工ハードメタル

新汎用超硬ソリッドドリル 

スーパーマルチドリルGS型

【4】田野井製作所

ゼロチップタップ ZC−HT

 

【5】富士元工業

オイルッシャー KJD

 

【6】武田機械

油圧内蔵式マシンバイス 

COMシリーズ

特集

チタン合金加工用ロングエッジカッター 

コロミル690 

 

 

 

Maker 《サンドビック》 メーカーWebサイト

難加工に威力を発揮するチタン合金加工専用新型ロングエッジカッター『コロミル690』。航空機産業の部品加工におけるチタン合金の 2D (2次元)倣い加工専用に開発されました。 

 

ユニークなピラミッド状の取り付け面を持つチップシートは、取り付け剛性に優れ、これまでのロングエッジカッタに比べ軸方向に対する切削抵抗に安定性が向上しました。チップのガタつきがなく、加工工程の安定化、高送り、カッタボディの長寿命化と加工不良の防止に効果を発揮します。
また、最適化されたボディフルート形状により切りくず排出が滑らかになり、切りくず詰まりや噛み込みが減少、工程の安全性、切削条件の改善を実現しました。
チタン合金の切削では切削熱がこもりやすく高温になり、切りくずが付着しやすく、刃先欠けの原因となっていましたが、すべてのチップポケットにクーラント穴を付けたことにより切りくず排出をスムーズに行い刃先性能を高めました。航空機体の材質として多用されるチタン合金の難加工性を解消し、生産性と経済性の向上を実現しました。

【最も効果的な加工用途】

【特長】

加工効率向上!加工コストを削減!

シャープで低抵抗なチップ
チタン合金加工専用に設計されたポジティブチップブレーカ
高い切りくず排出量を実現
高送りで高効率
ピラミッド型のユニークなチップシート形状
ロングエッジカッタの軸方向の切削抵抗に対応し安全に支え高送りを可能に

加工不良を削減!機械停止時間を低減!

高圧クーラントノズルによる大容量のクーラント供給で良好な切りくず排出を実現

(コロマントキャプトタイプのみ)

70bar高圧クーラント対応
大容量のクーラントを刃先に供給
ボディ先端部にもクーラント穴を設けキャビティ/ポケット/溝加工時に最高の切りくず排出を実現。切りくず噛み込みもなく、加工不良や工具破損を削減
調整式クーラント穴で効果的なクーラント流量選択が可能
最適化されたフルートで切りくず詰まりを低減!

幅が広く排出方向に広がるフルート形状

工具コストをより経済的に!必要最小限の工具で工具交換時間を短縮

平行ランド付きのユニークなSLチップブレーカにより1回のパスで良好な加工底面

外周刃は生産性の高い4コーナ仕様のデザイン
90°正方形な切れ刃は安全で長寿命

 

《1》

同期誤差補正機構搭載シンクロタッパ 

メガシンクロタッパ

Maker 《大昭和精機》 メーカーWebサイト

シンクロタッピングにおける機械の同期誤差を補正。同期誤差により発生するスラスト負荷を1/10に低減し、ネジ精度とタップ寿命の向上が図れます。
『メガシンクロタッパ』では、同期誤差を吸収補正する独自の新機能を内蔵しスラスト負荷が減ることでネジ精度、タップ寿命の向上が図れます。

 

 

《2》

アルミ用高速鏡面仕上加工用カッタ 

パールミラーカット

Maker 《大昭和精機》 メーカーWebサイト
刃振れ1μm以内が可能な超微調整クイル式。刃先高さの調整がスピーディにピタリと揃います。フェイスミルカッタで脅威の高速アルミ鏡面加工を実現しました。

アルミニウムやハイシリコンアルミの正面削りを高速で鏡面仕上げが可能なカッタです。長年の精密ボーリングヘッド製造技術を駆使し、目盛り付の刃先高さ調整機構を内蔵しました。これにより刃先高さのばらつきを1μm以下に合わせる作業を軽減しました。

 

 

《3》

新汎用超硬ソリッドドリル 

スーパーマルチドリルGS型

Maker 《住友電工ハードメタル》 メーカーWebサイト

切れ味重視の新刃型で切削抵抗を低減し、新フルート形状で切りくず排出性を大幅に向上させ、安定した穴あけ加工が可能。穴あけ工具専用の新コーティングDEXコートの採用により、長寿命を実現しました。

   

 

 

《4》

ゼロチップタップ ZC−HT

Maker 《田野井製作所》 メーカーWebサイト
コスト削減に貢献する新しい内部給油方式で、切りくず残りゼロ!2倍の速度で寿命3倍!ミスト加工で環境ニーズに対応します!

タップのシャンク端から溝に接続する油溝をつけたサイドスルー方式でセンタースルー方式に比べて、M6未満のサイズにも採用でき剛性が低下しません。
 

 

《5》

オイルッシャー KJD

Maker 《富士元工業》 メーカーWebサイト
チップ寿命大幅UP!ボーリングバーの必需品でありますスリーブのさまざまな問題点を解消し、さらにランニングコストを削減することも実現しました。

オイルッシャーは先端部分にネジ締めがあることにより、機械からスリーブを外すことなくボーリングバーの長さ調整が可能となりました。

  

 

 

 

《6》

油圧内蔵式マシンバイス COMシリーズ

Maker 《武田機械》 メーカーWebサイト
ステーショナリーユニット・サポートユニット・パワーユニットの3ユニットを組み合わせて配置するコンビネーションバイスを提案します!

油圧マシンバイスを固定側と移動側と中間部の3ユニットに分離し、自由に組み合わせて配置できる「コンビネーションバイスシステム」というコンセプトを元に開発された新シリーズです。

  

 

 

 

◇発行元:株式会社ジーネット 大阪市中央区南新町1-2-10 E-mail:szmail@g-net.co.jp

Copyright (c) G-NET CORPRATION All Rights Reserved.