朝晩涼しくなってきましたね!季節は秋に移ろうとしています。今回は9月ということで「お月見」のお話をしたいと思います。お月見は旧暦8月15日に月を鑑賞する行事で、この日の月は「中秋の名月」「十五夜」などと呼ばれます。お月見の風習は中国から伝わったそうで、唐の時代から旧暦8月15日を「中秋節」と称して月見の宴を開いていたそうです。この風習が平安時代に日本へ伝わり、秋の澄んだ空に昇る満月が一年で最も明るく美しく見えるといわれ、お月見する習慣ができたそうです。ちなみに今年の中秋の名月は10月6日です。私は月見団子を食べるよりも月見酒を飲みたいなぁ!皆さんも美しいお月様を見ながら美味しいお酒はいかがでしょうか?(いづみ)

 

《INDEX》

【特集】〔津田駒工業〕 TSUDAKOMA-SPD システム Tesla boy 

    

【1】  〔オークマ〕 立形マシニングセンタ 
                            ACE CENTER  MB46,56,66VA/B、MF46VA/B

 

【2】  〔大昭和精機〕 スロアウェイ深穴ドリル フルカットドリル セントロン

                 

【3】  〔田野井製作所〕 マルチタップ ・ マルチスパイラルタップ 

                                    MLT ・ MLT-SP 

 

【4】  〔イワタツール〕 トグロンハードドリル 90TGHDS_CBALD

     

【5】  〔ノリタケカンパニーリミテド〕 マグネットセパレーター 超高精度型MS0

     

 

 

 

 【特集】TSUDAKOMA-SPD システム Tesla boy


           津田駒工業

 

【TESLA BOYを使うと…】

治具の設計・製作費用が削減できます。

ワンチャッキングで多面加工が容易になり工程集約が可能です。これにより加工プログラムも簡略化が可能です。

治具の干渉領域が減るので加工プログラムも簡素化でき、総加工時間も短縮できます。

加工中は永久磁石で保持、停電時もまったく安心
電気がいるのは着磁・脱磁のわずか0.5秒だけ
着磁すれば電気は不要、ケーブルの引き回しから解放
チャックからの発熱はほとんど無し、熱変形による精度低下から解放
FMSに組込み可能

着磁すれば電気は不要、ケーブルの引き回しから解放
強力な磁力を実現、強いクランプ力で重切削を可能に
エクステンション使用で、ソリのあるワークを無理なくクランプ
薄板ワークも全面で保持、切削時のビビリなし
ワンチャッキングで5面加工も可能 
 

キュービック・ポールシステムは、強い吸着力を必要とする切削用マグネットチャックに最適な磁気システムです。 磁極となるポールはキューブ型をしており、永久磁石と共にチャックフレームに埋め込まれています。
フレームは高い剛性を保つと同時に、それ自身が磁気回路となって、チャック吸着面以外への漏れ磁束を完全にシャットアウトします。 マシンテーブルが磁化されることはありません。 

 

 

◆着磁
強力な永久磁石の磁気がキュービック・ポールを介して、チャック上面に働きます。 N/S極は交互に配置されていますので、隣接するポールとポールの間に磁界が発生し、ワークを確実に吸着します。

 

◆脱磁
キュービック・ポール底面にリバーシブル・マグネットが固定されており、これに巻かれたコイルに電流を通すことによって、リバーシブル・マグネットの極性が反転します。この操作により、永久磁石の磁気はチャック内部で収束し、チャック上面への磁界がなくなるため、ワークを解放します。

マグネットチャックの常識を超える!

段付き形状や平面度の悪いワークを簡単にチャッキング
ソリのあるワークを無理なくサポートし、ソリ取りが簡単に実現
充分な吸着力で5面加工に対応
ストッパー付きエクステンションを使用すれば、ワークずれ防止と高精度位置決めが可能

【エクステンションの基本的使用法】

「固定エクステンション」と「可動エクステンション」の2種があります。 ワークの吸着面を3個の固定エクステンションで支え、その周囲に可動エクステンションを敷き詰めるように配置するのが基本的な使い方です。 これにより、固定エクステンションが基準ブロックとしてワークを支持し、可動エクステンションはワーク形状に倣う形でワークを支えます。 チャックの着磁により、両エクステンションが磁束を余すところなくワークに導き、強力な吸着力でワークを固定します。 ワークに負担をかけず確実に保持する、まさに理想的なクランプ方法です。 

 

 【1】   立形マシニングセンタ ACE CENTER  MB46,56,66VA/B、MF46VA/B
              オークマ

ベストセラー高精度立形マシニングセンタ

 

高精度で加工する条件として、温度管理が非常に重要となってきますが、全機種に温度変化を受け入れる新発想「サーモフレンドリーコンセプト」を適用しています。これにより温度管理のされていない一般環境下でも環境熱変位制御(TAS-C)によりMB-46/56Vの実績として室温8℃変化で経時加工寸法変化8μmの、高い経時加工寸法精度で加工できます。また、主軸の発生熱に対しても主軸熱変位制御(TAS-S)にて変化量を予測し補正を実施しています。NC装置は高い操作性で定評のある「OSP−P200」を搭載し、アンチクラッシュシステム、らくらく対話アドバンスといった先進機能が作業をスムーズに導いてくれます。

 

 【2】 スロアウェイ深穴ドリル フルカットドリル セントロン
           大昭和精機

加工径φ20〜φ64 有効加工深さ4D,6D,8D,の深穴ドリル

 
@ ドリルシャンクとドリルヘッドに分かれる組立式なので、L/D=4,6,8のドリルシャンクに対して、そろぞれ径の異なる何種類かのドリルヘッドを取り付けることができ経済的です。
A ドリルヘッドの中心部にはパイロットドリルがついており、切削中の振動を抑える動きをします。
B 貫通穴でパイロットドリルが抜け出た再に発生する横方向の振動をドリルヘッド側面の超硬ガイドで抑制し求芯性を保ちます。

 【3】 マルチタップ ・ マルチスパイラルタップ MLT ・ MLT-SP
           田野井製作所

タノイ『オンリーワン製品』

   ▼ マルチタップMLT

   ▼ マルチスパイラルタップMLT−SP

 
アルミダイカスト部品の鋳抜き穴は、冷却時に変形するため、穴の位置ズレ・テーパ・曲りなど様々な修正加工がねじ立て前に必要です。マルチタップは先端にエンドミル(底刃)、食付き部と最初の完全山の間にサイドエンドミル(外周刃)を備え、鋳抜き穴を修正しながら、同時にめねじを高速で加工することができます。タッピングと同時に内径部を加工するため、ねじ山の片寄りがなく、内径部のバリも発生しません。超硬合金製ストレート溝のマルチタップMLTと高速度工具鋼製スパイラル溝のマルチスパイラルタップMLT-SPの2種類を用意しています。

 

 【4】 トグロンハードドリル 90TGHDS_CBALD
      
イワタツール

高硬度穴あけ工具

 
従来の切削理論を進化させ、強ねじれと共に高硬度材を「切る」為の新形状。今までは硬い材料に対して、ネガ刃形状の切れ刃にて事実上の「ハツリ」加工を、当社独自の切削理論「トグロン理論」により「切る」事を実現。
本製品は、3枚刃設計と長い切れ刃により驚異的な寿命で、従来の高硬度用ドリルに比べ、焼入れ鋼等に対し抜群の性能を発揮。トグロンハードSPとの併用で穴位置精度の向上もねらえる。
2006年内発売予定で、φ1.5〜φ12迄の60サイズを標準在庫予定。

 

 【5】 マグネットセパレーター 超高精度型MS0
      
ノリタケカンパニーリミテド

高磁力マグネットセパレーターの限界を超えた 超高精度型 マグネットセパレーター

 
超高精度型マグネットセパレーターMS0は、精密研削加工で発生する微細な切粉を高精度に除去するために開発されました。水溶性研削液を用いた加工では、従来マグネットセパレーターでは困難であった5μmの磁性体切粉も90%以上除去することができます。またスラッジ脱水のためのゴムロールを最適な位置に配置したことで脱水率が向上しましたので、研削液の持出し量が削減されます。MS0は、この様に高い性能を持っていますが、コンパクトでシンプルな設計であり、取り扱いやメンテナンスはとても容易です。標準機として40〜240(L/min)のタイプを揃えております。また、360〜1000(L/min)の大容量に対応する超高精度型MSHもあります。

 

個人情報保護ポリシー

弊社はお客様に各種サービスを安心してご利用いただくために個人情報保護ポリシーをポリシーを定めております。

プライバシーポリシーの詳細はこちらから

 

 

メールの画像が表示されない皆さまへ

HTMLメールの画像を表示するために操作が必要となる場合があります。

画像が表示されない場合はこちらから

 

 

◇発行元:株式会社ジーネット 大阪市中央区南新町1-2-10 E-mail:szmail@g-net.co.jp

 

Copyright (c) G-NET CORPRATION All Rights Reserved.